部下育成

部下のミスを許してあげる

 

会社全体の業績を考えた時、できれば
自分の部署でミスを出して業績に影響が出てしまう。

 

 

ということは避けたいですよね。

 

 

 

しかし、人間ですから、どうしてもミスを完全に
無くすということは難しいものです。

 

 

 

自分が起こしたミスで業績に影響が出るということは、
本人が起こしたものですからあきらめもつきますが、
それが部下のミスであった場合、上司の人にとっては
やはり叱責をしたくなるという気持ちは大きいと思います。

 

 

 

しかし、ここはぐっとこらえて、まずはミスを許して
あげるという寛大さも必要になる場合があります。

 

 

 

あまりにも大きなミスであった場合はどうしようもない
のかもしれませんが、それも上司である人が、部下を
ちゃんと監督していなかったものとして扱われてしまいますよね。

 

 

 

感情的なことを言えば叱責をしたいと思いますが、
次にミスを繰り返さないように指導をすることが元も
重要になってくるのではないでしょうか。

 

 

 

ミスを許してもらえた部下は、上司について
信頼を寄せてくれるものです。

 

 

 

ミスを挽回させてあげることが出来れば、
逆に上司としての評価も上がることに繋がりますよ。