部下育成

部下に期待しすぎない

 

上司になった時、部下にはできれば頑張って
仕事をして部署全体の底上げをしてもらいたい。

 

と誰でも考えると思います。

 

 

 

部下が仕事を頑張って行ってくれるように
期待をすることは当たり前ですが、期待を
し過ぎるとうまくいかないことは多いようです。

 

 

 

上司から過剰に期待をされてしまうと、部下は
失敗をすることができないというプレッシャーを
感じてしまうことがあります。

 

 

このようなプレッシャーを与えられることで、実は
ケアレスミスのような小さなミスを積み重ね、のちには
大きなミスにつながってしまうということが実は多いそうです。

 

 

また、複数の部下がいる中で、一人の部下だけに
期待をするというようなことがあると、やはり他の部下から
観たら面白くないですよね。

 

 

 

このような不公平感は、部署全体のやる気を
失わせることにもつながりますから、部下には
過剰な期待をし過ぎないようにした方がいいようです。

 

 

 

かといって、期待を全くしないと、部下はやる気を失います。

 

 

このあたりのさじ加減はやや大変ですが、
さじ加減を誤らないように気を付けることが
上司の役割なのかもしれませんね。