部下育成

部下に仕事を任せることで育てる

 

部下を育てることは
上司の大事な役割のひとつでもあります。

 

 

仕事は部下に振るのではなく、任せることで成長します。

 

 

自分で考えさせること、そして行動を起こさせる
ためには任せてみることが必要だと思います。

 

 

 

自立性を伸ばすには、アドバイスや答えを
教えるのではなく、考えさせることで人は成長します。

 

 

 

部下に仕事を任せることで育てる
ということは、責任を伴うということです。

 

 

 

指示してやらせることは、確かに効率的かもしれません。

 

 

 

しかし、これでは一向に部下は成長しないでしょう。

 

 

成長しないということは、会社全体も
成長しないということに繋がります。

 

 

 

育てる前に、上司は自分自身はどうなのか
ということを考え直してみることが必要だと思います。

 

 

 

会議の仕方などでも積極的に進行させる役割を
任せたり、責任者に抜擢したりしてみることです。

 

 

 

自分が自己中心的な上司ではないか
客観的に見つめ直してみて下さい。

 

 

 

自立心を失わせないことがポイントです。

 

 

 

そのためには、部下に仕事を任せることで
育てる方法が良いと思います。

 

 

自分から報告、連絡、相談を
してくるような部下を育てないといけません。