部下育成

部下の評価方法

 

部下を持つ上司は、さまざまな面で部下を
評価しなければならないというシーンがあると思います。

 

 

このような場合、
上司は何を基準に評価するといいのでしょうか。

 

 

 

まずはその評価が公正であることがもっとも大切になります。

 

 

 

このためには、自分一人で評価を行おうと考えず、
評価方法を時折考え直すことがとても大切になってきます。

 

 

 

場合によっては、毎回違う複数の部下と共に、
評価方法についての議論を行ってみるということも有効です。

 

 

 

部下がどのような点を重視してみてほしいのか、
自分以外の同僚についてどう思っているのかなどを
聞くことだけでも、公正な評価を行うことが
出来るのではないでしょうか。

 

 

 

しかし、この評価方法を毎回同じようなメンツで
行ってしまうと、偏った評価として他の部署のメンバーは
不公平と感じることがありますので、必ず毎回違う複数名の
部下と評価方法について考えてみることが大切になってきます。

 

 

 

また、部下の年齢によってもその評価方法を
変えることも重要です。

 

 

 

若年の部下であれば、業績よりもその能力や熱意を
評価するべきですし、管理職であれば熱意などよりも
業績や能力を評価するべきだと言われています。