部下育成

クビにする時の判断

 

仕事を円滑に進め、業績をアップさせるためには、
部署一体で努力することが大切ですよね。

 

 

上司としては部下を叱咤激励しつつ、
頑張ってもらいたいと思うのが本音だと思います。

 

 

 

しかし、一人の部下のために部署全体が足を
引っ張られてしまうようなことがあると、企業や上司は
苦渋の選択だとしても部下をクビにしなければ
ならない場合があります。

 

 

 

とはいえ、正社員で労働組合などに加入している
部下の場合は、簡単にクビにすることはできません。

 

 

 

では、どのような判断で
上司は部下をクビにするのでしょうか。

 

 

 

他の部下に比べて明らかに業務遂行能力が
劣ることが明白である場合などは、やはりクビを
考える場合があるようです。

 

 

 

何度注意をしてもなおらない遅刻や欠勤が多く、
業務に差しさわりのあるミスの多発などは、部署内の
風紀の乱れや、他に頑張っている部下の手前、
クビを判断しなければならない理由にもなるようです。

 

 

 

横領行為や不正行為、暴力や暴言などが
多いなどの場合は、クビというよりは懲戒解雇で
対応すると判断することもあるようです。

 

 

しかし、部下をクビにするのは後味も悪いですし、難しいですよね。