部下育成

仕事ができない部下への対処法

 

仕事ができない姿を見るとイライラしてしまい、
ついつい強い口調で注意してしまいますよね。

 

 

しかし、言い過ぎてしまうことで
部下は仕事を放棄してしまいたくなるのです。

 

 

部下の言い分は

 

「もっと優しく教えてくれたら・・」

 

「上から目線が嫌」

 

「いつも監視されているようだ」

 

などと思っているかもしれません。

 

 

それなら、一度同じ立場に立って
部下の話しを聞くようにしましょう。

 

 

同じ目線になると何故部下は仕事が出来ないのか、
どうしたら改善されるか、どんな気持ちでいつも仕事を
しているのかが分かるようになります。

 

 

その場でも説教をするような状態には持っていかずに
聞き役になることで部下はあなたに対して
心を開きますので、本音が出るかもしれません。

 

 

それによって、あなたが部下に対しての気持ちが
変わりますので、違う目線でこれからは見れるようになります。

 

 

 

分からないことは教えてあげればいいのです。

 

 

同じ間違いなら何度も注意したら良いのです。

 

 

イライラすることがプラスになることはありませんので、
相手の状況を見ながら少し話しをしてみてくださいね。

 

 

 

それにより、今まで仕事が出来なかった部下ではなくなると思いますよ。