部下育成

部下の叱り方

 

様々なシーンで部下を叱らなければ
ならないことというものは出てきますよね。

 

 

しかし、叱り方一つでその部下は
伸びることが出来ると言われています。

 

 

その叱り方とはどのような方法なのでしょうか。

 

 

まず絶対に行ってはいけないのが、
人格を否定するようなしかり方になります。

 

 

つまり、
「君は何をやってもダメだと思っていたが、やはりミスをした」
というような言い方はぜっていにいけません。

 

 

また、
「このようなやり方を社長が許すと思っているのか?」
といったように権威の力を借りて叱るというのもいけません。

 

 

 

「○○君はできるのに、どうして君はできないんだ!」
というような、人と比較するようなしかり方も
避けるようにしましょう。

 

 

 

叱られることは誰でもうれしいものではないですよね。

 

 

 

まして権威を持ち出されたり、人格まで
否定されるようなことがあると、部下は落ち込むだけです。

 

 

 

逆に、叱るときは短く、
的確にそのことだけを叱ることが重要です。

 

 

 

あとから蒸し返すような叱り方は効果が薄いだけで、
何の意味もなくなってしまいます。

 

 

叱った後にフォローを入れることも重要です。