部下育成

部下に対する態度

 

部下を持っている上司の人は、
常に部下に対する態度はどうしたらよいのか。

 

 

と悩んでしまうというタイプの人もいるのではないでしょうか。

 

 

では、逆に部下の立場から見て、こんな態度の上司は
嫌だというのが分かれば、そこを改善してあげることで
部下のモチベーションが上がり、業績も上向きに
なるのではないでしょうか。

 

 

まずは上司の言葉遣いや態度です。

 

 

上から目線で見下ろすような言葉遣いや態度は、
部下が嫌い、それだけでやる気がなくなると言います。

 

 

 

また、否定や批判を最初に言われてしまうと、
それだけでモチベーションは下がると言われています。

 

 

「どうしてできないんだ」

 

「何を考えているんだ」

 

などという言葉を真っ先に言われたら、やはり
モチベーションは下がりますよね。

 

 

 

自分が言われたらどう思うのか、よく考えてみましょう。

 

 

 

まずは、やったことに対して「褒める」「認める」という
姿勢を示してもらえれば、その後に批判や指摘が
来ても気にならない。

 

 

 

という人は多いそうです。

 

 

 

例えば、同じ批判をするにしても

 

「どうしてできないんだ。駄目だな!」

 

と叱責するよりも

 

「頑張ってやったようだが、
この点が出来ていないようだから頑張ってみてくれないか?」

 

とすると、部下もモチベーションが下がらないようです。