部下育成

部下の指導方法

 

上司が悩むことの一つに、部下の指導方法になります。

 

 

本当のところを言えば、部下に指導するよりも
自分で行動を起こしてしまった方が早く解決することが
出来るケースは数多くあるのではないでしょうか。

 

 

 

しかし、上司の役割というのは部下を上手に
使いながら、部下に仕事を教え指導していく
ということがあります。

 

 

 

まだ若年層の部下で、社会人になったばかり
というような部下の場合、指導をするというよりは、
まず一緒に仕事をする。

 

 

ということが一番効果的です。

 

 

 

そこから少しずつ、任せられる部分を見つけ、
任せた部分が評価できる内容であれば、
部署全体の前で褒める。

 

 

 

ということを繰り返していき、徐々に任せる部分を
増やしていくという手法で指導を行うと良いようです。

 

 

 

中堅になってくると仕事の方針を決めたらそれを任せる。

 

 

 

分からない部分について聞かれた時にしっかりと
答えてあげられるよう、都度報告を上げてもらう。

 

 

 

また、この時も評価できる内容であれば
部署全体の前で褒め、評価できないときには
その部下だけに伝える。

 

 

というような方法が部下を指導する方法では良いようです。